なくして初めて、気づくこと。

数年前まで、実家は今では幻とも言える黒電話だった。
代えてしまったのは自分だった。
その頃は、ただ新しいものが良いものだと思い込んでいたのかもしれない。
e0252304_21145558.jpg




失いたくないもの。ぼっとん便所
e0252304_21152346.jpg

様式になれてしまった今ではもはや辛いだけだが、
電話の時と同じように、きっとなくしてなくして初めてその大切さに気づくのだろう。

もうしばらく、このままで。

blogram投票ボタン
[PR]

by michikusao | 2012-03-04 21:08 |