薫る中華

毎年恒例と化した中華な記念日が今年もやってきた。
毎年、悩む店選び。条件は非常に高い。
e0252304_21561227.jpg




本格的な中華料理店的な雰囲気、そしてデートでいってもOKなムーディーなお店。
そして個人的には、味もCPも高くないと。
そんな条件を満たしてそうなお店探しは、こと中華にいたっては至難の技。

新宿、六本木、麻布十番・・・
人気店や良さそうな店もいくつか行ってみたが既に自分の中で“ここ”って店はネタ切れ。
それより味にこだわって店探しをしたい。
いや、むしろそうでもしないとなかなか店が見つからない。

そんな要望がようやく通った今年。
今回は、牛蔵につぐ富士見台の有名店、源烹輪で何とか手打ち。
e0252304_220567.jpg

何度か飛び込みで行ってはみたものの、常に予約で一杯。
他にネタがないため、何とか確保しないと予約をして確保する。

夕方、南口から歩いて数十秒の洒落た外観のこのお店に入店。
既に数組が食事をしていた。
e0252304_2221636.jpg


まだ空いている席も予約の札。さすが人気店。
e0252304_223413.jpg

店内は、コンクリート壁のグレーなちょっと落ち着いたトーンの内装。
e0252304_224162.jpg

中国の路地裏にある庶民の隠れ家的な雰囲気だと、行ったこともないのに勝手な想像力が働く、ちょっとお洒落感。
e0252304_2255331.jpg


中華な記念日のオーダーは、決まってコース料理にしていましたが、この日はアラカルトにしてみることにしました。
e0252304_2272979.jpg


メニューを開くとこれが想像以上に豊富。
e0252304_2281022.jpg

季節料理
e0252304_2294166.jpg

おススメ(肉編)
e0252304_2295113.jpg

おススメ(魚編)
e0252304_2295964.jpg


食事もさることながら、飲み物もワインなどこれまた豊富。これだけあると、何をたのんでいいのやら。
お値段は、そこそこの中華料理店と遜色のない金額。
e0252304_22133258.jpg


オーダーはおまかせするとして、まずは飲みのものビールとおつまみに前菜の各種盛り合わせ小(2,100円)を。
e0252304_2214443.jpg

そして早くも麺を一品。海鮮3種と中国野菜の湯麺(1,365円)。

飲みながら、メニューをじっくり見ながら何をたのんだのかを確認。
中国野菜とえび・いかの塩あん炒め(1,280円)、
e0252304_22145731.jpg

近くのテーブルに運ばれていたうまそうな鶏肉を。多分鶏もものバリバリ揚げ〇〇醤油ソース(997円)。
e0252304_2215298.jpg

これくらいで多分テーブルは一杯だろう。

そしてついに登場し始めたお料理。
前菜の入った大きめお皿が2皿登場。なんと品数は全部で11品。
e0252304_2216492.jpg

一品一品は上品な量だが、これは想像以上の見た目。
味は、香草がバリバリきいて薫り高いがとても繊細で上品。
e0252304_22172984.jpg

一口で、この店がなぜに人気なのかが分かる。
e0252304_22181292.jpg

そして期待できるこれから登場する品々。

間髪いれず、麺が登場。
野菜のシャキシャキ感とこれまたバランスの取れた塩味。
e0252304_2219075.jpg

これだけ食べに来るのでもいいかも。

塩あん炒め、
e0252304_22205226.jpg

鶏もも
e0252304_22201219.jpg

どれをとっても非常に上品で味わい深く旨い!!

酒が入る時はつまみはそこそこに飲み中心となるが、酒がすすまない。これは牛蔵に行った時と同じ現象。
ハイレベルで旨いと感じると、不思議と食に集中してしまう。この店でもこの現象が起こった。

牛肉と青梗菜の醤油炒め(1,323円)を追加し、
そろそろフィニッシュに麺類かチャーハンでもオーダーしようかと箸をすすめる。
e0252304_22224722.jpg


香草が強いせいか、後味がしょっぱく感じたりしたので白ごはん食べたくなったのですが、さすがに満腹。
もう少しいろいろ食べたいが、この日はこれで限界。

中華は少人数だとこれだから残念だ。
e0252304_2225204.jpg


次回のハードルが上がってしまったのは、新たなる悩みの種。

源烹輪
住所 東京都中野区上鷺宮4-16-10 青和ビル 1F
TEL 03-5987-3507
営業時間 12:00~14:00(L.O) 17:00~22:00(L.O)

blogram投票ボタン  食べログ グルメブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょい悪サラリーマンへ

[PR]

by michikusao | 2012-05-05 08:30 |