衝撃と笑撃。心躍るすし屋

道の駅しなのに立ち寄り、道の駅あらいで魚を買い、昼食へ。
少し足を延ばし、直江津駅近くにの寿司割烹ふる川へ。
e0252304_17492041.jpg




駅から近いとはいえ初めての地、カーナビを信じながら向かうが細い道なんかを行くためやや迷う。
ようやく見つけた看板。ひと安心。

並びには焼肉屋をはじめ数店の飲食店が軒を連ねているが、どの店も漁港近くの田舎町の寂れた感満載。
営業しているのか?と思ってしまいそうな趣。
e0252304_17494583.jpg

この店も例外ではない。

色褪せたサンプルに暖簾。
e0252304_17502985.jpg

寿司屋にしては、あまりにも生き生きしたネタがあるとは正直思えないほど。

恐る恐る暖簾をくぐり、店内へ。

次の瞬間、思いもよらなかった光景が目に飛び込んできた。
e0252304_17505357.jpg

壁中、天井にまで貼られた日活映画のポスター、
e0252304_17515989.jpg

ゴールデンカード。
e0252304_17514029.jpg


そして店内に流れる懐メロ。

TVでは、夜ヒットの映像。
e0252304_17534495.jpg

しかも全てジュリーばかり。

一瞬、この衝撃的な光景に凍りつく。
しかも客席は待機場所に置かれた懐かしいまんが満載の本棚で見えない。

気を取り直し、辺りを見回すと先客が並んでいるのでその列に加わる。
後から後から更に客が入っくる。
こんな辺鄙なところ、しかもこんな店内の趣なのに繁盛してるな…

椅子に座って待っていると店員のおばおかみがメニューを持ってオーダーをとりにきた。
海鮮系の丼や刺身定食など、間違いなく寿司やメニュー。値段は一律600円
かなりの安さ。いくら田舎であってもこの値段はそうそうない。
まぁ内容もそれなりなのだろう。
迷うことなく刺身定食に。

10分ほどしてようやく小上がりの席に通される。
ここでようやくこの店の全容が見えてきた。
e0252304_13111287.jpg

隣の席とのしきりには大村昆のあの懐かしいオロナミンCの看板。
e0252304_13114832.jpg

更に小林幸子の幼少時代からのレコードジャケット
e0252304_13172997.jpg

湯飲みはコテコテのすし屋そのもの

由美かおるもあり。
e0252304_13155372.jpg

仮面ライダーのフィギュアや
e0252304_12502181.jpg

明星・平凡。全て本物っぽい。
e0252304_12515668.jpg

とにかく昭和が満載のこの空間に、思わず目が輝く。
e0252304_13184747.jpg


そんな幸せな時間を過ごしていると、でてきた刺身定食。
e0252304_1321240.jpg

お盆にセットされてきた内容を見てまた驚き。

刺身はもちろん
e0252304_13213646.jpg

焼き魚(イワシ)
e0252304_13221535.jpg

トンカツが丸々一枚に茶碗蒸し。
e0252304_13224430.jpg

さらにカットされた牛ステーキまで。
e0252304_13214677.jpg

これに味噌汁とどんぶりライス。

これで600円はありえない!!

この品数や内容から言って、2000円はしてもおかしくない。ひょっとしてオーダー間違えた?と思ってしまうくらい。
そしてボリュームから完食できるかちょっと不安すら覚える。

味も全て温かく、なかなか上品な手作り感のある味で美味しい。
隣の席からも驚きの声があがっているのが聞こえて来たが、どうやら丼ものもすごいらしい。
新潟県の外れに近い場所ではあるが、遠出してわざわざ食べに食べに行く価値はあった。

そういや、この店、すし屋だったんだよな。
e0252304_13271952.jpg


そんなことすっかり、忘れていた。


寿司割烹ふる川
住所 新潟県上越市西本町4-9-6
TEL 025-544-6588
営業時間 11:30~13:30 17:30~21:30

blogram投票ボタン  食べログ グルメブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ちょい悪サラリーマンへ

[PR]

by michikusao | 2012-08-30 13:29 |